大阪タワーマンション専門サイト キワミ

タワーマンションの特徴

タワーマンションの特徴

一般的に20階以上の超高層のマンションをタワーマンションと言います。特徴としては、多くが首都圏をはじめ、主要都市のターミナル駅や人気のベッドタウンなどに建てられることが大きな特徴です。
多くのタワーマンションは、主要駅までのアクセスが良く、通勤時間の短縮を測れる事から入居を決める人も少なくありません。

タワーマンションからの眺望イメージ・タワーマンションとその魅力

タワーマンションの最大の魅力は、高層階からの眺望の良さにあります。一戸建てでは実現不能な自宅のリビングやベランダから、遠くの山々が望めたり、都会の夜景を楽しめたりします。タワーマンションならではの贅沢と言っていいでしょう。仲間を招いてのホームパーティでは、部屋からの景観がきっと華を添えてくれることでしょう。

また、タワーマンションは、さまざまな共用施設や各種サービスが充実しているマンションが多いことも大きな魅力です。
眺望の良さを活かしたレストランやバーラウンジはもちろんですが、人を招いたときに重宝するゲストルームや、運動不足を解消できるフィットネスルーム、気分を買えたいときに利用できる大浴場や温泉、子どもも遊べる中型プール、幼児を預けられるチャイルドルームがあることも大きな利点です。
最近では、カーシェアリングサービスなど、入居者同士が共同利用できるサービスも少なくありません。受付にコンシェルジュや警備員がいるタワーマンションも増え、防犯面でも安心です。

更には、タワーマンションの中庭には、入居者が利用できる公園や広場が設けられているマンションもあり、子どもが安全に遊べる環境が整っていることもあります。タワーマンションを選ぶ際は、立地条件だけでなく、共用施設や提供されるサービスを比較して探してみるのもお勧めです。